忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スイスの日本料理屋のテーブル設置

スイスのお寿司屋さんで仕事をさせてもらっていて、疑問に思うことが一つある。


テーブルの上に置く、しょうゆ皿の配置である。


顧客1人につき、紙製のランチョンマット、箸一膳、しょうゆ皿1つが1セットになっているが、しょうゆ皿をランチョンマットの右上に置くのである。


もちろん箸は手前に置く。


一度、箸を右向き、左向きを不注意で逆に置いていたとき注意されたので、
これは、気にされているようだ。


日本人だと、お寿司お刺身の料理が出てきたときに、しょうゆ皿を手前に移動させているようだが、何にも知らないスイス人などは、しょうゆ皿を右上から動かさず、

しょうゆを注し、しょうゆをつけたお寿司やお刺身を遥々遠くから口に運んでいる。



しょうゆ皿を手前ではなく右上に設置する理由として考えられるのは、
お寿司やお刺身の料理の前にサラダと味噌汁が出るからだろうか。


しょうゆ皿が手前にあっては邪魔という観念だ。


日本のテーブルマナーを知りたいお客様のために、
「お寿司やお刺身料理が出たときに、しょうゆ皿を手前におきましょう」というような
注意書きをテーブルや壁に貼りたいものだが、お節介だろうか。
PR
スイスの日本料理屋で仕事をしているが、
以前客としてお昼のセットをいただいたときは、足のついたまな板のような木にお寿司が置かれていたように記憶している。


数年後、同じお店で仕事を始めた訳だが、今は、お昼セットのお寿司は丸い


寿司桶


に入っている。


寿司桶の方が上等っぽいな。


でも、寿司桶は食器洗い機に掛けず、洗うの際も、
ゴシゴシと洗わないように、やわらかいスポンジで丁寧に手洗いする。



実は、この寿司桶、名前を知らず教えてもらった。


日本の日常生活であまり利用されない品になってしまっているが、
モダン風なデザインの寿司桶もなかなかいい。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 

最新コメント

[02/09 バチカン]
[01/25 Sesso]
[10/07 ローザンヌ]
[09/25 ローザンヌ]
[09/14 ローザンヌ]
[06/30 サイト管理人]
[06/29 大西良浩]
[06/28 サイト管理人]
[06/27 大西良浩]
[02/05 beadsmania]
[02/04 サイト管理人]
[02/03 beadsmania]
[12/16 サイト管理人]
[12/16 南西辺境州・遊子]
[12/08  ]
[12/05 My lovely time]
[10/27  ]
[10/27  ]
[10/26 ハートちゃん]
[10/16 運慶]
[10/02 貴子]
[09/28 ハイジ]

 

プロフィール

HN:
スイス在住
性別:
非公開
自己紹介:
スイスで生活しています。日本語のスイスの情報はまだまだ少ないのでお役に立てば幸いです。

スイスといえば、アルプスを望む観光や、小学生・中学生・高校生など低年齢の全寮制学校(スイス留学)、プライベートバンク、安定した不動産などでもスイス国外からでも日本人が利用できます。

納得いく人をご紹介しますので、ご連絡ください。

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R